07≪ 2007/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-08-29 (Wed)
ほとんど読書日記となっているこの日記帳ですが、
本屋さんへ行っては読みたい本を見つけているので、在庫もたまる一方です。

そんな中みつけた一冊の写真集。

             



これが、めたくたかわいくて~
本屋さんで一気読み。
(もちろんそのあと買いましたよ)

忙しく疲れた脳にどんぴしゃり。
癒されましたーーー

今は犬を飼っていますが、子どもの頃は気がついたときには猫がずっと一緒だったので、
猫も好きなの。

もう~粒ちゃんのかわいさに一目惚れ。
もちろんわんこの、琴ちゃん禅もかわいくて
その素敵な暮らしぶりが、写真から伝わってきます。

帰ってから早速ブログにおじゃましました。→ツブログ

あ~猫ちゃんも飼いたくなっちゃった。

前からもう一匹飼いたい私なのですが、
犬アレルギーの主人が、それでも犬好きなので一匹ならと飼っているので、
鼻をむずむずくしゅくしゅ目を真っ赤にしている主人を前に
やっぱりこれ以上飼えない。

里親さんのページもみると、
ぜーーーーんぶの子を引き取りたい気持ちになってしまうのだけど、
絶対にできないことなので、少しでも多くの人の目にとまるよう、
リンクを貼っておきます。

里親募集中
スポンサーサイト
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-20 (Mon)


学生時代、吹奏楽部だった私としては、これは読まなくちゃ。

でもブラバンって言い方好きじゃないのよね。
と思っていたら本文中に出てきました。

ブラバンは金管楽器の楽団のことだって。
愛着をこめてブラバンと使うのは自由だけど、木管もたくさんいるから、間違いは間違いだって。

話の流れで「ブラバンやっていたの?」
と聞かれても
「いや、吹奏楽」
と、言っているかわいくない私です。

本の中では、大人になったみんなが、学生時代の仲間でもう一度演奏しよう。
とだんだん集まってくるのですが、

時代設定がほぼ自分と同じで、懐かしく読めました。
しかし、実際誘われても今は吹けないよ~
卒業後いっさい触ってないからね。

みんなどうしているかな~
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-19 (Sun)


僕のおかしな写真載せたでしょ?と春。

上目使いで訴えています。
| 春(しゅん)との癒しの時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-19 (Sun)
さよちゃんさんへ。

メールの返信がどうしてもエラーになってしまうので
こちらに書きます。



またまたお返事が遅くなってしまってごめんなさい。
いつもいらしてくださってありがとうございます。

最近は携帯からヤプログの更新を するのがやっとで、
久しぶりにパソコン開けました(^^;

あっでも夏バテしているわけではなく、元気です。
この暑さでは体調崩しやすいですよねーー

お互い気をつけましょうね。

「yapme!になる」
もちろんクリックお願いします。

shunmama


| お知らせ | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-19 (Sun)


某焼肉やさんで食べた『いちごひめ』

いちごの中をくり抜き、練乳シャーベットが入っています。

元はと言えば、キンキの剛君が大好きで焼き肉やさんでたくさん食べたという話を聞いて
いて、本当に焼き肉やさんで見つけて感激。

いちごがちょっと酸っぱいのだけど、
冷凍庫から出して5分~10分くらい置いてから食べると甘い練乳と程よくなじみおいしいの。

娘が大好きで独り占めしようとしてる~
| お外のごはんとおやつ | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-19 (Sun)


恐っ。


こんな白目になるのも珍しくありません。
| 春(しゅん)との癒しの時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-18 (Sat)


これは泣ける~

娘が中学の時お世話になった先生推薦本です。

韓国の小説ですが、韓国ものは泣けるの多いから弱いのよね~

子供が白血病に。というだけで悲しいのに、
このお父さんすごい!

これはあまり詳しく書きません。

でも、ひとつだけ書いておきます。

題名「カシコギ」とは・・・
魚の名前です。

出産した雌はどこかにいってしまい、雄が子育てをするのです。
そして子供が育ったら力尽きてしまう。

小説でも、まさしく母親が出ていき、父親と息子の絆。
最後のほう、思いがけない展開が待っています。

父親の息子のためを思う気持ち、行動、ただただ涙でした。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-18 (Sat)


学生の夏休みと言ったら、読書感想文がありますが・・・

嫌いだったな~

しか~し毎年私が楽しみしているのが、
娘が持って帰る先生方の推薦本一覧表。

全部の先生が薦める本の一覧表が配られ、その中から感想文を書くことになっています。

どの先生がどんな本を薦めるのか楽しみな私です。

去年娘がお世話になった体育の先生は
本屋大賞にも選ばれた、陸上部の話『一瞬の風になれ』これはやっぱり~でした。

そしてこの『鍵』という本は、今年お世話になっている担任の先生推薦本。

ミステリーの要素を含みながら、兄と妹の絆を描いた話でした。

家族だから、わかっていても口にしないことがあるかもしれないけれど、
両親が亡くなったあと、
きちんと言葉をかわさないまま、すれちがってしまった気持ち。

聴覚障害がある妹にはいつもずっと母親がつき添っていて、
かわいがってもらえなかった思い、妹に母をとられてしまったという思いがあって、素直になれない兄。

今度は自分が妹を守ると思っているのに・・・

そんな兄の気持ちを敏感に感じ、兄に避けられていると感じる妹。

ある日妹のカバンに見知らぬ鍵が入っていたことから、事件に巻きこまれてしまいます。

きちんと言葉にするのが恥ずかしいときもありますが、兄妹の絆は深く優しい絆でつながっていました。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-18 (Sat)


地球温暖化に関してさまざまなメディアで取り上げ耳にしていますが、この本では、
すごくわかりやすくその危機について書かれています。

写真で見るとまたよくわかりますよね。

大学で電気自動車の研究会に入り、最近環境について勉強している息子に薦められた本です。

自分くらいいいや。でなく、
やっぱりひとりひとり世界中のみ~んな気をつけなくてはいけないと痛感しました。

ちなみに、エコカーに乗って、エコバック持って買い物にいく私を見て、
息子が誉めてくれた。
全然エコじゃない車に乗っている息子が環境問題語っても、あまり説得力ないですけどね{汗}

今生きている私たちにはまだまだ直接影響ないことでも、
この先、息子娘やその子供たちに続く世代に、影響大なことだと考えると、
やっぱりやっぱり、
電気や水の節約とか、出来ることから気をつけたいものです。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-18 (Sat)
最近は全然更新していない私のHPですが、
いつのまにか60000HHTしていました。

パソコンすら開けていなかったので、友達が教えてくれました。

それでもいらしてくださる方がいるのは本当にありがたいことで感謝感謝でございます。

本当にありがとうございます。

カウントゲットは友達だったので、お礼の報告はまた掲載したいと思います。

それにしてもこの猛暑の中、皆様いかがお過ごしですか?

ありえない暑さですね~

昼間外を歩かなきゃならない時なんて、もうくらくらです。

今日は少し過ごしやすいな~と思っても30度くらい?とか。
30度で過ごしやすいと感じるなんて、間違ってる~

そんな暑い中、お盆休み中たった4日間帰ってきた息子。

夜中にぶぼぉぼぼぼぼぼぉ~~~とやってきて、

同じくぶぼぉぼぼぼぼぼぉ~~~と帰っていきました。

(あの車だけは好きになれない母です)

元気いっぱいで、毎日が充実している様子。
たまにメールで様子を聞いてもやっぱり顔を見ると安心しますね。

親の脛かじりをし帰るときには荷物がたくさんでした。

受験生の妹に、少し家庭教師をしていましたが、
テレビを見ようとする妹の目の前に単語カードを掲げ、
答えさせていました。
スパルタ兄ちゃんにいやがりながらも、楽しそうに勉強しているように見えたのは私だけかな。

少ししかいられなかったので、受験までの勉強のしかた、やらなければならないことを箇条書きにし、
長文の愛ある手紙を残していきました。

最後「来年東京で会うのを楽しみにしているよ 兄より」

娘はどんな風に思ったかな。
わからないことは何でもお兄ちゃんに相談して、がんばれ~                                 
| 子供たちとの時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-09 (Thu)


涼しいところを求めて移動しています。

この格好見ると、いつも、平和だな~って思うわ~
| 春(しゅん)との癒しの時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-06 (Mon)


人生を変えるほどの本に出会うことが出来たなら、
それは前に一歩進んだということよね。

この本で、前に進むことが出来た人が多く、今、話題になっている本です。

すごく衝撃だった言葉があります。

道に迷い、何にも身が入らない毎日を過ごすあなたへ
『お前がそうして無駄に過ごした今日は、昨日死んだ人が痛切に生きたかった明日なんだ』

その他、いろいろなことを教えてもらいました。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-06 (Mon)


折しも今日は62回めの原爆の日。
広島に行ったことのない私ですが、
いろんなメディア、文書で知る度に、胸がしめつけられる思いです。
これ以上の悲しみ苦しみがあるのだろうか。

その日その場で被爆し生き残った人達の苦しみは、何年たっても続いています。
映画になっているこの本は、
被爆によってバラバラになってしまった家族の物語です。

被爆により逝ってしまった父と妹。
姉の背中で「長生きしてね」の言葉を残して逝った妹。
そんな妹の思いを強く悔しみと共に胸に抱いて生きてきた姉。

あの日あの時、助けるすべなど持っていなかったのに自分を責め生きる母。

たったひとり疎開先にいたため、被爆しなかった一番下の弟は母のもとへは戻らず伯父夫婦の子として育つ。

そんな弟が広島の大学に行くため戻ってきて、やっと母と子の生活が始まります。

その後、弟旭の子の世代、原爆を知らない世代に物語は進みます。

伝えていかなければいけないことだと思うけれど、
あまりの地獄絵図を伝えたくないとする被爆者も多いそうです。

知らないですむほうがどんなにいいかしれません。
でもなかったことにはできません。
やっぱり次の世代にずっと知らせていかなければならないことだと思いました。

映画がとても素敵だそうです。
静岡ではサールナートホールという小さな映画館での上映です。

時間があったら観に行きたいと思います。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


新堂冬樹氏の作品は、純愛ものばかり読んできましたが、これは違います。

以前、子供の友達を殺して実家の庭に埋めた。という悲しい事件がありましたが、
その事件をもとに書かれたのでしょうか。
こちらが先なのでしょうか。

お受験戦争ということばが存在してしまうように当事者となったら、競争相手がひとりでも少なくなってほしい。と、思ってしまうのでしょうか。

自分の子をよく見せようよく見せようと、ありとあらゆる手を使い、
お金も使い、読んでいて痛々しい。

名門幼稚園に入りさえすればその後の人生は保障される。というような考えを持つ親が本当にいるのだろうか。

子供のために、時間とお金と自分のすべてを賭けているけれど、
ご主人の存在を蔑ろにし、いったい何が残るの?

受験がなくならない限り、こんな思いをする親はなくならないのだろうか。

子供がかわいそう。

私が住んでいるのは田舎だから、幼稚園お受験はほとんどありません。

受験といったら、中学、高校、大学。
合格、不合格とはっきりと道が別れる、とても残酷な試練でもあります。

どんな道に進もうと、自分の道を歩んでいけるように願いたい。

殺されてしまった子供は何の罪もない。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


思わず手を差し伸べたくなるおじいちゃん。
たったひとり残された孫娘を必死で守るその姿。

戦争はいろんなものを壊してしまうけれど、
ここにひとつの友情生まれました。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


名門お嬢様学校の禁断の部屋へようこそ。

って、興味引かれるよね。
前作『赤朽葉家の伝説』で、作品のファンになったので、すぐ読みたくなりました。

女子校って、やっぱり禁断の園なのかしら。
でも女だらけって恐いと思うよ。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


この人の小説って恐そうで敬遠していたのですが、
これは大丈夫ですね。

エリートと言われる子供たち。
勉強勉強勉強漬けの毎日。
勉強さえしていればいい。というような親の態度には呆れるけれど、
そんな子供たちはまさしくパズルのピースのよう。

学校に人質として閉じ込められ、危機にさらされた時子供たちはどうするのか。
犯人は早い段階でわかったけれど、こんな状況で、このエリート達はどうするのだろうと、
気になりながら読みました。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


これはかなり有名作品ですよね。

ある学校での先生と子供たちの話なのだけど、
子供たちと同じ目線になって成長していく小谷先生がいい!
時代設定は一昔前だけど、今、いろんな問題をかかえる学校、教育にかかわる人たちに今一度読んでほしい本ですね。

ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


横山ミステリーはおもしろい。
事件が警察官の人生と絡んで描かれています。
警察官にも、家族があり生活があり、
出世レースがある。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


これも短篇集。
いろんな人生が凝縮されています。

愛がたくさんつまっています。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


まさにミステリー中毒!
不思議不思議な話が読み手を夢中にさせる。


ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


これは~
結局はお互い不倫しているのよね。夫も妻も。

小さな嘘はいったいどれだけ積み重なっていくのでしょう。

日常に不満があるわけではないのに、淋しい。、
帰る場所があることに安心しているのか大胆な行動をしてしまう。

わかってしまったら、終わり。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


いろんな設定ができるものだな~すごいな~ってただただ思いました。

事故で脳死になった少女の臓器を、移植を必要としている人々に分け与える。
と、聞くと、感動的な闘病もののようだけど、
全く違います。

いくら移植を希望しているひとがいても、日本で禁止されている臓器移植をしようとすることは悪いことなのか。

臓器を届けるごとに寓話が描かれているのですが、
心臓を届けたかったのは恩師。
その夫婦の話が泣けます。

ネタばれになってしまいますが、書いておきます。

ある日突然妻の律子が姿を消す。
「私は私の余生をみつけました。どうか捜さないでください」という手紙を残して。

熟年離婚か!?
と単純に思ってしまった自分がいやだ。


妻が夫のもとを去った理由。それは・・・


癌であと数か月の命と診断された妻は、ひとり静かに人生を終わらせようとホスピスへ入院してしまったのです。
長く心臓病を患っている夫に知らせたら、夫の心臓が危ないと思ったから。

病気の時つらい時、近くにいてほしいと思うのが愛だと思っていたけれど、
ましてや死が近づいている時・・・

離れる愛もあるのだと・・・
知りました。

その他たくさんの話がからみあいつながり、
生と死の話だし、かなり暴力的な場面もあるのだけど、
読後感は悪くない。むしろ心地よく感じます。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


子供から見たら、自分が置かれている環境が普通なことだと感じるかもしれない。

他人から見たらちょっと変わっていても。

子供の目線でかかれているから、
父親の愛人という立場の人が家にきても
よくわからないまま生活は過ぎてしまう。

母が登場すると一気に生々しくなるのね。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
2007-08-01 (Wed)


コンビニ、公園、カラオケ、駅などありふれた場所でのできごとが大きな人生を物語っているようです。

村上氏が、三十年の作家生活の中で「最高の短篇を書いた」という作品。

個人的にはあまり好きじゃないかな。
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。