09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-03-21 (Fri)
受験の件では、励ましやお気遣いのコメントをありがとうございました。
こうしてネットで公開する日記は、誰が見ているか見てくださるかわからないという不安がいつもありますが、
素敵な出会いの方が多く、
暖かい皆さんに支えられて幸せです。
本当にありがとうございます

新生活の準備は、パパさんの休みの時に大物の買い物をし、少しずつ荷物を運び、
平日には、小物雑貨類を揃え、あともう少しです。

そんな中、少し重い話題ですがどうしても書いておきたいことがあり記しておきます。

数年前にある習い事を半年程しました。
そのたった半年の付き合いでしたが、
私が生きてきた中で、一番大笑いをした楽しい時間だったと言っても
言い過ぎでないくらいの時間。
その時間を共有した友達の一人が先週末、逝ってしまいました。

3人の内、私一人が都合で先にやめてしまい、
それからあまり会う機会がなくなってしまっていたのですが、
あまりに突然で言葉もありませんでした。

その連絡を受けたのも、
習い事一緒だったもう一人の友達からで、
今からお通夜だということ。

信じられない気持ちのまま動揺してしまい、
黒のストッキングはどこだったかな。と冷静なのか冷静じゃないのかよくわからない気持ちのまま
とにかくあまりに急なので、
そのへんにあった黒っぽい服で駆けつけました。

すでに大勢の方がきちんと喪服でいらしている中、
なんと不格好の私でしたが、
とにかく顔を見ないことには信じたくない気持ちでした。
死に顔は絶対に見ないことにしている。って言う方もいますが、
私は・・・きちんとお顔を見てきました。
とってもきれいな顔の彼女が眠っていました。

まだお子さんも小さいし、同年代のかたの訃報はほんとやりきれないですね。

こんな言い方変かもしれないけれど、
こういう時のための準備ってやっぱりきちんとしておくのが大人でしょうか。
こういう事に慣れるのはいやだけど、
あまりにあたふたしてしまった自分に反省するとともに、
改めて毎日を大切に過ごしていきたいと感じます。

少し前に読んだ本の中で、手元に本がないので少し表現が違うかもしれませんが、

あなたが無駄に過ごした今日は、昨日死んだひとが痛切に生きたかった明日なんだ。

という言葉が、鮮明に浮かびました。

ランキングに参加しています。
『読んだよ』の印にぽちっとしていただけだらうれしいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

応援ありがとうございます。とっても励みになっています。
おかげさまで、このところ40代主婦日記で上位です。
| 考える時間 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。