07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2008-04-26 (Sat)
福知山線脱線事故から、昨日で3年です。
あの日、友達と出先で一報を知ったときのことよく覚えています。

こうしてブログなどで不特定なひとに触れる機会があるから、
記載しておきたいと思います。

あんなに衝撃の事故だったにもかかわらず、
戦っているひとがたくさんいるのに、
時間が経つと人々の記憶から薄れてしまう。

直接の関係があるわけでなく、マスコミからの情報しかしらないので、
深いことはわかりませんが、でも、
当事者の苦悩は画面からでも強く伝わってきます。

もしもあの時・・・
電車に乗らなかったら、

時間はもどすことは出来ないけれど、
後悔の気持ちを消すことは難しいでしょう。

昨日読み終わった本『あの空をおぼえている』の中でも、
子供を事故で失った親の、なかなか消えない後悔の気持ちが描かれていました。
もしあの時、車で送っていったなら、
私が変わりに行ったなら。


事故で重傷を負い、99%助からない。と医者に言われても、
がんばっているひとがいました。

座れるようになり、
字がかけるようになる。
歩けるようになる。

その人が書いた言葉が  『前へ』  でした。

この言葉、強いです。
娘の小学校卒業のとき、校長先生が送ってくれた言葉が同じく『前へ』でした。
娘の支えになっていると思います。

こういう出来事とは逆に、自殺の報道も毎日のようにあります。

少しずつでも『前へ』

たまに戻ることがあってもいいし、
強くなんてなれなくてもいいと思う。

みんなひとりじゃないよ。って伝えたい。








ランキング参加しています。
『読んだよ』の印に↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ


いつも応援ありがとうございます。
| 考える時間 | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。