08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-07-05 (Sun)
私の読書好きをご存知の方も多いと思いますが、
今日はちょっと本の紹介です。


作者の百田氏は、ボクシングがテーマの『Box!』もとてもおもしろかったのでお薦めなのですが、
今回読んだ『永遠の0』は、戦争がテーマです。

永遠の0 (ゼロ)永遠の0 (ゼロ)
(2006/08/24)
百田 尚樹

商品詳細を見る


詳しい感想は私の読書ブログをご覧になっていただきたいのですが、→こちら

私ももちろん、戦争を知らない世代、
戦後60年以上が過ぎ、学校で学ぶだけの歴史でどれだけのことがわかるのか。
今までも多くの戦争ものを読んできましたが、
ここまでの衝撃は始めてです。
あくまでも小説、フィクションですので、
人物像など出来過ぎな感もありますが、
素直に、こういう人がいたのだと思いたい。

最近は図書館で借りて読んでいますが、
これは買って手元に置いておきたいと思いました。

本を開かない日はない私ですが、衝撃すぎて次の本に進めないほどです。


また、号泣しました。って感想を見ると却って冷静になって泣けないこともある、
天の邪鬼な私ですが、
どうか、素直な気持ちで読んでみてください。
若い方にも是非・・・


| お薦めの本 | COM(4) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。