07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-09-16 (Thu)
3ヶ月近くも更新をお休みしてしまいました。
猛暑から一転、今日は雨の涼しい日になっています。
みなさん、体調崩していませんか。


数日前からそろそろブログを再開しようかなと思い始め、
書いては消しを繰り返しておりました。
この間に、一緒に暮らしていた義母の看病があり、
甲斐なく逝ってしまった義母の仏事関連が多々あり、
先日やっと四十九日の法要を済ませました。
何も書かずに、明るい話題だけで始めようかとも思いましたが、
やっぱり少しだけ書いておきます。

よろしかったらお付き合いください。


結婚して今年で25年になりますので、
義父母との同居も同じだけあります。
嫁として私はかなり自由にさせてもらっていたのでしょうが、
正直堅苦しい所もあり、核家族のひとがうらやましく思うことも。
って、ここまで書いておいて、やっぱりこういうことは書くのやめようかと、また思ってみたり・・
上手な文章なんて書けないので、
見ているひとにどんな風に伝わるかも不安になります。

義母は5年前に余命半年の宣告を受けていました。
それからのことを思えば、よくがんばってくれた、という思いもあり、
ここまでがんばってきたのだから、もう少しという思いもあり、
もしかしたら治るのではないかという微かな思いもあり、
どれだけ痛みを訴えても、誰ももういいよ。とは言えませんでした。

家族と子供たち以外にはいっさい病気のことを言っていませんでした。
それは最後まで義母の希望でした。
6月の始めにやっと、義母の兄弟たちに伝えたのですが、
友人たちには知らせぬまま。
仲良くしてくださっていた方がたに知らせなくてもいいものか、
主人とも何度も話をしましたが、
やはり希望通りにしようと。

もしも、自分だったらどうするでしょう。
何か話したいことがあるかもしれない。
最後に楽しい時間を過ごしたいかもしれない。
でも、
見てほしくない姿かもしれません。

叔父叔母たちには、どうしてもっと早く知らせてくれなかったのかと、言われました。
それでも四十九日の法要のとき、ひとりの叔母が、
「それがお姉さんの生き方だったんだよと、やっと最近納得できたよ」
と、言ってくれました。
それでいいとするわけでもありませんが、
自分亡き後のこともあれこれ指示をしていったり、
最後の最後まで母らしく生きてくれたと思います。

うちの子供たちは2人とも成人し
、娘の成人式の着物も選んでもらったし晴れ姿も見てもらえました。
結婚も、ひ孫もと考えたらキリはないけれど、
葬儀のお別れの言葉で子供たちが言っていたように、
一緒に暮らしてよかったことがたくさんありました。
孫たちはとても立派に成長しましたよ。
とても感謝しています。

義父も最近になって詩吟や社交ダンスの習い事を再開しました。
案外自由気ままにしていますよ。
あちこち飾り物をしたり、自分のしたいように広げています。
お母さん、あらあらまあと見ているでしょうね。

私もそろそろフィットネスを再開しようかな。
この夏の猛暑のせいか体重増加はありませんが、
これから食欲の秋ですものね。
それにやっぱり体力のなさを感じます。
このままじゃだめだわ(^^;





最後まで読んでくださってありがとうございます。

また少しずつですが、日常のブログを始めたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い致します。






blogram投票ボタン


『見たよ』の印に↑↓ぽちっとしていただけだらうれしいです。


        にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

| お知らせ | COM(8) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。