07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-06-14 (Thu)


狂牛病とか、鶏インフルエンザとかが騒がれていたころ、
もしも、犬やネコに恐ろしい伝染病が広まったとしたら・・・

と、考えてみたことありませんか。

絶対にいやだけど、考えて不安になったことがありました。

これはまさしくそんな、犬が伝染病になり、人間を襲い死んでいく。という話。

かわいがっていた飼い犬の豹変ぶり。

町はパニックになり、
ついには人間も感染して死者が出てしまう。

考えたくない設定です。

それでも実際に起こったらどうしたらいいのだろうと考えながら、意外に冷静に読んだので、
いや、無理にでも冷静にしないと読めなかったかもしれません。

もしも、春(しゅん、我が家のミニチュアダックス)が、と、考えたくないけれど、
きっときっとパニックになって・・・・春と離れたくありません。

主人公の少年とジャックの絆にはやっぱり涙。

こんなことが起こらないように祈りたいです。

最後は・・・・



生きていてほしかった・・・・
| 読書の時間 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。